スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姑獲鳥の夏

ジャンル:オカルトっぽいミステリー
監督  :実相寺昭雄
出演  :堤真一(中禅寺:古書屋主人)
出演  :永瀬正敏 (関口:小説家)
出演  :阿部寛 (榎木津:探偵)
出演  :宮迫博之(木場:刑事)
出演  :原田知世 (久遠寺涼子:病院の長女)

【ストーリー】
ある病院の次女が20ヶ月も妊娠したままで、その旦那が失踪しているとの相談を受けた小説家と探偵がその病院を訪れて・・・。

【評価★★★☆☆】
京極堂のシリーズは全部持ってるので、当然のように見に行きました。
放映開始してからそんなに経ってないのに上映時間がえらい少ないのでイヤな予感がしましたが、やっぱし小説を読んでない人にはわかりにくい内容だったように思われます。
一緒に行った友達は前半寝てました(T▽T)

常に「あっちの世界」に片足突っ込んでる関口君は雰囲気出てましたが、他はいまいち「らしい」とこが出てなくて残念でした。

【補足】
原作者の京極夏彦が出演してます。
見所は原田知世の「蹴り」(笑)

続きはネタバレ(要反転)

・最初覚悟してたよりは、皆、違和感なかったけれども、中禅寺兄妹はもう少し礼儀正しくあって欲しかった。
・敦子(田中麗奈)は、現代の女の子っぽかった。
・あと京極堂も、もうちょっとインテリっぽく丁寧語で、講釈たれてるときはもっと淡々とダラダラと話して欲しかったけど、台詞覚えるのも大変だよなぁと半分労をねぎらいたくなった。
・失礼ながら今回一番迫力が足りないだろうと思っていた木場刑事役の宮迫は割りと気にならなかった。
・いしだあゆみは、あの役にぴったりだと思った。
・兵隊帽(?)をかぶったメガネのおっさんが京極夏彦だとはエンドロールで見るまで気づかなかった。そうとしっていればもっと観察したのにー
スポンサーサイト

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Author:モカ
評価(★の付け方)は結構辛目。
結構面白くても3つ止まりだったりします。

花時計
最新の記事
RSSフィード
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。